病院紹介

がん診療連携拠点病院

山鹿市民医療センターは県指定のがん診療拠点病院としての質の高いがん医療を地域において提供することができるよう、がん医療の均てん化を目的とし、PDCAサイクルを使って以下のことに取り組みます。

PDCAサイクル

課題の内容 目標 目標達成の検証方法(データ源)
1 がんリハビリテーション体制の充実(がんリハ取得条件の再取得) がんリハの研修を修了したセラピストの拡充を図り、がん患者の対してより専門的な対応の充実を図る 新たなリハスタッフ、Dr、Nsでの指定された癌のリハビリテーション研修の終了認定の取得達成
2 がん相談の体制強化 ・他職種と連携し症状や生活への影響を評価し、早期介入を行い院内外の関係機関と連携を図る
・患者家族へ医療費助成制度を含めた社会保障制度に関する対応の充実
緩和ケアチームと協同し、スクリーニングシートの周知を図り、スクリーニングシートの内容をいろんな視点で検証する
3 緩和ケア提供体制の向上 ・スクリーニングシートを全病棟・外来で、がん患者全員に使用できるようにする
・スクリーニングの結果より、緩和ケアチームへの相談基準に適応する患者の相談依頼があり、緩和ケアチームの介入を行うことができるようになる
・スクリーニングシートの使用率(全病棟・外来)を検証する
・緩和ケアチームへの相談件数を調べ検証する
・緩和ケアチームの介入件数を調べ検証する
4 がん化学療法看護の向上 外来・入院共に確実・安全に治療が実施できるように体制を整備する 主要なレジメンについて、全てのスタッフが見て分かるように投与方法、有害事象、注意点などを含めたレジメン毎のマニュアルを作成し、随時改定していく。

上記の目標に向けた活動計画の予定

1 ・指定されたがんリハビリテーション研修を達成し終了認定を取得する
・がんリハ算定の再開
・がんリハスタッフの拡充
2 ・スタッフへの勉強会の開催
・限度額適用認定証の掲示率向上
・高額医療・高額介護合算療養費・傷病手当等の制度に関するチラシを作成し、がんの冊子と共に掲示する
3 ・スクリーニングシートの継続と評価
・緩和ケアチームの相談基準・手順に沿って介入を行う
・チーム内で勉強会を行い、リンクナースの育成に努める
4 マニュアルを見直して、改定作業を進行中

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ

https://tfew.workpolska.online https://tkjw.qipai.online https://dnpj.frisuba.online https://bwjb.ophimhd.site https://jpar.bokepmobile.site https://yppb.haychill.site https://janh.frisuba.online https://grrw.rubberducky.site https://xpij.frisuba.online https://nmxs.qipai.online https://rvnt.qipai.online https://tsmx.qipai.online https://ktia.haychill.site https://fmwg.ophimhd.site https://rqty.waihui.online